モノ思フ種

www.seedo81.comのblogサイト





活字中毒:小林聡美×山亮



ブックセレクション。

【ハードワーク・グッドライフ/山亮】

山亮が自社の運営や今後についての悩みを抱えつつ「働くとは?」をテーマに、6人の挑戦者と対談する様をおさめた本。1つ1つの対談が短いですが、スマイルズの遠山氏・カヤックの柳澤氏の話は特に両者がもともと好きだったこともあり興味深かったです。意外なところでは病気の子に対応する幼稚園を運営する駒崎氏、とにかく面白いプロジェクトを次々に仕掛けている古田氏の話は彼らの存在をはじめて知ったこともあり新しい収穫でした。

【散歩/小林聡美】

こちらも対談ですが、もっと肩の荷が軽い感じ(笑)小林聡美さんが井上陽水さん、もたいまさこさん、柳家小三治さん、飯島奈美さんらと交わしたゆる〜い散歩中の会話がおさめられています。ファンの方にはお薦めの一冊です。

posted by seedio81 11:20comments(0)trackbacks(0)pookmark





活字中毒:カスタマイズ×センス



ブックセレクション。

【カスタマイズ/アンソニー・フリン】

アメリカで完全カスタマイズ型のエナジーバーの販売で成功した著者。いまアメリカで起きつつある、メイドインアメリカ回帰の原動力となっているコンピューターの力を借りた「特注品市場」のことが様々な事例とともに紹介されています、大量生産から、低コストの「特注量産」時代へ、が今後日本にも来る可能性も含めて先取りで読んでおきたい一冊です。

【センスの磨き方/トミタジュン】

建築家/プロダクト・グラフィックデザイナーのトミタジュン氏のエッセイなのか、、啓発書なのか?(苦笑)水野学さんの本が彼のこれをパクッてる的な発言をみつけたので、読んでみました。たしかに彼すごい人で、きっと卓越したデザイナーなんだと思いますが、センスの良い悪いって話の中にけっこう「俺自慢」が入るので、そこがかんに障る人には面白くない本かと思います。でも言ってることや視点や心がけの持ち方みたいなのは参考になることは多い本でした。

posted by seedio81 15:21comments(0)trackbacks(0)pookmark





活字中毒:ハウスワイフ×アイデアの交差点



ブックセレクション。

【ハウスワイフ2.0/エミリー マッチャー】

高学歴、社会での活躍の経験もありつつ、今は家で家族のために素敵な奥様という仕事をするアメリカの女性たちを追いかけたレポート的な一冊。たしかに、家事を楽しみ、自分で食べ物をつくり、ホームスクーリングで子供を育てる、、というのはどちらかといえば「古臭い」と思われていたようなバブル期のアメリカを抜けて、逆にいまはそういう生活をする女性が「かっこいい」と思われている、、、そんな風潮は日本にも若干共通するような気もします。当初タイトル先行で読み始めた本ですが、ただそういう風潮を賞賛するのではなく、そこには「結局女性の社会進出が難しいアメリカという国」の閉塞感が綴られていますし、ブログというツールがあるからこそ、この風潮が拡散している一方で、でもそれは「本当に憧れの生活なのか?」と分析もされていて興味深いです。オーガニック志向で料理上手で家事が得意なママ達を褒め称えるだけでない内容に、一読の価値はあると思います。

【アイデアは交差点から生まれる/フランス・ヨハンソン】

いくつかの異なる分野がある個人の脳内で交差点のように出会い、これまでにない斬新なアイデアが生まれる・・・・著者はそれをルネッサンス期のメディチ家が様々な才能を集め支援したことで、文化が花開いたことにたとえ「メディチエフェクト」と名付けています。著者自身がアメリカでソフトウェア、医療品、ヘッジファンド、コンサルタントと他分野を有するグループ企業を築いたスウェーデン人という背景も相まって、ただ事例を集めた一冊にとどまらず「じゃああなたはどうすべきか?」という道筋までを記している点でも興味深い一冊でした。時に自分の中に芽生えた新しいアイデアとそれに基づく行動で人間関係まで変わってしまう点にも言及されていて、いろいろ考えさせられる本でした。
posted by seedio81 15:15comments(0)trackbacks(0)pookmark





活字中毒:書体入門×世界のベンチャー



ブックセレクション。

【本を読む人のための書体入門/正木 香子】

デザイナーの視点から「書体」について書かれた本はありますが、これは読書好きの文字おたくの著者が綴った、書体に関する新書です。デザイナーの人が読んで基本をおさらいするにも、デザインがうまくなりたい人がフォントの成り立ちを知る入門書として使うにも、いい本だと思いました。

【世界の伸びている中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?/安西 洋之】

米国、イタリア、ドイツ、フランス、英国、日本の元気な中小・ベンチャー企業に「成熟化した市場でどう稼いでいますか?」という質問をぶつけて、一冊にまとめた本。ニッチビジネスの話としては面白いし、内容もいいんですが・・・あまりにニッチすぎる海外の企業を背景説明抜きでザクザクと書いているので、正直かなり読みにくい本でした。でも頑張って読むと、小さな企業だからこそできる徹底したローカライズ×オープンな組織運営が、これからの中小企業が進むべき道、というアドバイスと実例を知ることが出来ます。(めずらしく一度読むの断念しましたけど。)
posted by seedio81 11:18comments(0)trackbacks(0)pookmark





活字中毒:ヒット商品を生み出すインスピレーションの力学、共感という魔法



ブックセレクション。

【ヒット商品を生み出すインスピレーションの力学、共感という魔法/鈴木英夫】

オオクラ先輩からのお薦めの1冊。
東映、ディズニー、東方東和と映画業界を渡り歩き、パイレーツオブカリビアンや
ターミネーター2、モンスターズインクなど錚々たる映画の宣伝プロデューサーとして
日本や海外で活躍されている方の書く、仕事論の本です。
エッセイスタイルで短い話がたくさん詰まっている感じなので、とっても
読みやすいですが、アイデアを生み出すためのヒントが詰まった良書でした。
自分自身が海外に住み、日本でコミュニケーションの仕事をする中でモヤモヤしてた
考えなどをズバッと言語化されていて、気持ち良かったです(笑)
特に「共感」を生み出す時に、自分の中に少しの違和感のような冷静な部分をもつ、
というのは今後自分が仕事を考える上で指針になる言葉だと思いました。
映画業界とか、クリエイティブな仕事をしている人以上に、学生の方に読んで
もらいたいなぁ、と個人的には思う一冊でした。
ぜひ、機会があればこの方には直接お話を聞いてみたいです!
posted by seedio81 17:08comments(0)trackbacks(0)pookmark