モノ思フ種

www.seedo81.comのblogサイト





検索エンジン対応の切り札:ここのblogも1周年!

今日でブログをはじめて1年です。書き始めの頃は途中でネタ切れして、更新が滞ることもあったけど今はだいぶコンスタントに記事を書けるようになりました。

1年前の記事を読み返してみたんですけど、去年のこの日にお花見行ってるんですよ!でも今年はまだ咲いてもいません。暖冬、とかって言われてたりもしたけど実際はさほど温かくなかったのかな?と思います。

あと、オープン当初はSEOに力を入れていたことも発見。

たしかに小手先のSEO(基本的な仕組み)は大事です。基本として押さえておくべきことです。だけど最終的には検索エンジンとは「役立つ内容のサイトを見つけ出す仕組み」!SEO対策にお金をかけても、内容がイマイチだから結果として集客にも売上にも繋がっていないサイトを見かけます。まさに本末転倒です。

もし検索エンジンでの順位を上げたい!と考えるなら、即効性がある各種SEO対策ではなく、まじめに自社サイトのコンテンツ充実を心がけることが重要です。(実際に大手企業とかECサイトはその流れになりつつあります。)



ネットは特効薬ではなく、漢方薬!というのが1年間の経験から得た答えです。

2011年の次世代回線配備に伴って、ここからの1年もネット環境はまだまだ変わって行くと思います。モバイルなんかもどんどん進化していくことでしょう。

来年の自分がこのblogを見直した時に、何を思うのか・・・来年の自分に恥じないように今年も更新頑張ります!

posted by seedio81 09:35comments(0)trackbacks(0)pookmark





SEOについて#5:who is this!?

SEO対策として、画面のトップに文字を挟み込む・・・ベタなやり方ですが、個人的にはデザインバランスが取りにくくなるのであまり好きではありません。

が、ネット検索でチョコチョコ仕事が来たりもしますので、SEO対策の実験も兼ねて入れてみました。だいたい、僕が作るウェブは極端に文字が多い傾向があるため、比較的検索エンジン(それもYahoo!)には強いのですが、はたしてこれでどれくらい結果が変わるか楽しみです。

さて、最近本屋にいくと気になるタイトルの本をよく見ます。その名も「Google八分」(苦笑)ネーミングは微妙ですが、意図的に検索エンジンから外される、というのは今のネットを中心とする情報化社会ではたしかにデメリットの大きな問題です。

現在、Googleはフリーのソフトをはじめ、ものスゴい勢いで事業を拡張していますし、その結果として既存勢力(?)との衝突も多々あるのかもしれません。「もし世界政府というものがあったら、世界中の情報すべてを閲覧できるシステムを作るにちがいない」といった発想とそれに対しての実行力は、これまでの世界の歴史であり得ないタイプの企業活動ですし・・・

ネットワーク網の実現で、人類の歴史上はじめて、ほぼ無料に近い値段で異なる国の人間同士がコミュニケーションを行える時代がやってきました。とかく、World Unityは紛争の火種になる傾向がありますが、せめてネットの中くらいは平和であって欲しいと願います。

さて、今回のタイトルにある「who is this?」ですが、このblogのアクセス解析をみると僕の名前で検索をかけている人がいました。その方は誰なのか、はたしてこの場所に無事辿り着けたのか、そして僕に直接コンタクトをとってくることはあるのか!?気になるところです。

posted by seedio81 08:50comments(0)trackbacks(0)pookmark





SEOについて#4:Fire Fox

SEO関係の事項を導入してから約1ヶ月くらいが経ちましたが、結局これ!といった動きがないまま現状維持の状態が続いてます。ただ、ここのblogは結構検索の上位にヒットされるようになってきていますので、やはりSEO対策に関してはblogシステムはかなり有効度が高いってことは証明されました。

今度は目先を変えて、グーグルツールバー対応も兼ねて新しいブラウザを導入してみることにしました。



Fire Foxっていうこのブラウザはオープンソースという形態で広く世界中にソースが公開されて、2002年くらいから多くの専門家の手によって開発されている無料のウェブブラウザです。このソフトが世の中に出たすぐの頃に、一度導入はしてみたんですが、あんまりパっとしなかったので久しく放置していたのですが、最近はGoogleとの連動とかもあって、だいぶ使いやすくなってきたみたいなので、改めてインストールしてみました。

英語関係ならば最初から文字入力時のスペルチェックがついているし、サイトを複数同時に開く時にも別ページではなくタブ形式で同ページ内に開くので、結構使い勝手がいいです。

もし興味がございましたら、こちらからダウンロードしてみてください。(個人的にはこのアイコンの絵が可愛くていい感じです。)

Fire Fox2公式ホームページ
posted by seedio81 10:32comments(0)trackbacks(0)pookmark





SEOについて#3:起承転結は通用しない

SEO対策から1週間ちょっとが経ちましたが、順番とかにはあまり変化がありません(苦笑)っていうよりはGoogleなんかはキャッシュがあるから、まだ書き換えられた情報に対応してないんでしょうね。もう少し気長に待つ事にしてみます。

今回のSEO対策に関する勉強で気がついたのですが、たしかに検索エンジン自体が英語圏で生まれたシステムだということで、日本的な「起承転結」ではなく、「主題(テーマ)が文章の冒頭にくる」っていうのは当たり前のことなんですよね。これまで深く気にはしてませんでしたが、アメリカでの大学時代に殺されそうになるほど論文を書いてきたので、無意識に日本語で書く時にも「キャッチフレーズが冒頭」っていう文章構成で文を書く癖がついていたことが、これまで自然に役に立ってたようです。

自社はもちろんですが、何よりもお客さんのサイトが検索エンジンで上位に表示されるととても嬉しいものです♪
posted by seedio81 11:38comments(0)trackbacks(0)pookmark





SEOについて#2:検索エンジンにみつけてもらう方法

SEO対策、とは言ったものの結局資料を読んでみると「絶対的な方法はない」っていう前に、「どうすれば検索エンジンの上位に表示されるのか?」ってことは一般公開されてないらしい。たしかにそのほうが「正しい検索結果」が表示されるだろうけど、なんとももどかしいと言えば、もどかしい話です。

で、要するにまとめて言えば・・・

1. 外部と多くリンクする:出来るだけ大きなサイトとリンクする(Google)
2. 検索にひっかけたキーワードを文中に記載していく(Yahoo!)
3. サイトタイトルに検索させたい語句をいれていく(Yahoo!)
4. 万人にわかりやすい構成と内容のサイトをつくる(共通)

ということを満たしていけばある程度までは上位に検索されるようです。他にも細々としたことはありましたが、だいたいは昔勉強した時とそこまで変わってなくて一安心。

ただ、なんとなくタイトルに検索させたい語句をいれるのって、他サイトを見ててあまりにも露骨なやつなんかは「売ろう!売ろう!」って雰囲気が前に出てて嫌だったのですが・・・もしも今後検索サイト対応のことを考えた時に本当に有効ならば、試してみよう!

と、いうことで自社サイト(SEE℃:www.seedo81.com)のタイトルを「SEE℃【北九州を中心にマーケティング、中国語を〜】」というものから、「中国語 英語 翻訳 web制作 デザイン 北九州 【SEE℃】」と変えてみました。(語句は左にいくほど重要視されるそうです)また、各ページのタイトルも内容にあわせて変更してみました。

今のところGoogleならギリギリ1ページ目、Yahoo!も同様ってところですが、どこまで今後上がるかが楽しみです。
posted by seedio81 11:51comments(0)trackbacks(0)pookmark





SEOについて #1:進化はまさに日進月歩

SEO(Search Engine Optimization)について、仕事がらネットを扱うため最近再度勉強をしなおしております。SEOとは、日本語に訳せばサーチエンジン最適化ということで、要するに「いかに検索エンジンの上位に自分のサイトを掲載するのか」という方法です。もともとネットに関わる仕事のため、それこそこの理論が世に出始めた頃に勉強をし、今迄仕事にも取り入れてきましたが、なにしろ足が早いこのネット業界ですので、ホームページを制作する立場としての責任で勉強しなおしてみましたが、いい意味で新しい発見が満載です。

よく考えてみれば、私がこれを勉強した頃ってまだYahoo!とGoogleって「ディレクトリ検索(人の手による質の高い検索システム構築)」と「ロボット検索(クローラーとよばれる世界中のサイトを巡回閲覧するシステム:なんかイメージ的には映画マトリックスにでてくるアレを思い出します)」の二分化していた頃でした。が、ご存知のように現在はYahoo!もロボット検索を取り入れ、なおかつ検索ワードに応じて自社サイトが宣伝される「スポンサー広告」なんかもあったりして、かなり内容も進化してます。

というよりも、SEO対策マニュアルが出る→悪用する業者が出る→さらに新しい対策案が必要となる、っていうイタチゴッコのような気もしますが・・・・

何はともあれ、ただ本を読んだり情報を集めなおしたりしてみるだけでは意味がないので、自社サイトを使ってどれくらいSEO対策が出来るのか!?なんかを試してみつつ、blogにて報告してみようと思ってます。

posted by seedio81 15:40comments(0)trackbacks(0)pookmark