モノ思フ種

www.seedo81.comのblogサイト


<< 上海2013:街でみつけた変なもの | main | 映画生活:リアルスティール >>



上海2013:ブランドの墓場

 

今回上海で目についたのは、とにかく新しいデパートとかモールがたくさん!!
で、その中はだいたい世界のトップブランドが集まってるんだけど・・・
でも「COMING SOON」の看板ばかりで、実際にはオープンしてないことが
ほとんど。

と、いうよりもバカみたいに高い海外ブランドばかりで、庶民的なものは
ほとんど取り扱ってない・・・逆に庶民的なものになると、海外の偽物
ばかり・・・っていう市場状況は、決して健全とは思えませんでした。

店員さんも、たとえハイブランドであっても、まったくやる気なく、
携帯をいじってるか、おしゃべりしてるか、で・・・教育とか
全然されてない感じ。

コールドストーンにアイス食べにいったけど、すごいのはもう
アイスにトッピングを混ぜる、って行為自体がなくなってて、
ただサーティーワンみたいにアイスクリームを出すだけ、に(笑)
しかも、それも溶けてる・・・みたいな。

結局、海外ブランドが売れても収益のほとんどは海外に行ってしまう
わけで・・・名ばかりブランドがただ存在している状況と、
外観は立派だけど中は空き店舗ばかりのビルのイメージが重なり、
上海のイメージって、「ハリボテの箱」って感じでした。
posted by seedio81 11:53comments(0)trackbacks(0)pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://blog.seedo81.com/trackback/1230498