モノ思フ種

www.seedo81.comのblogサイト


<< 活字中毒 | main | 活字中毒:ヒット商品を生み出すインスピレーションの力学、共感という魔法 >>



活字中毒:



ブックセレクション。


【英国一家、日本を食べる/マイケル・ブース】

イギリス人のフードジャーナリストが家族で日本を巡って、日本の食を探求したルポ。結構、物語っぽい仕上がりですが、その内容もコーディネーターが優れているとはいえ、スマスマ現場やら服部幸應、辻芳樹といった人達との会食とハイレベルすぎ。福岡ではラーメンを食べてたりもしながら、東京、横浜、札幌、京都、大阪、広島、福岡、沖縄を縦断で食べ、イギリス人っぽい皮肉も織り交ぜつつ、食べまくる食エッセイ。面白かったです。

【料理の四面体/玉村豊男】

30年前くらいの本なんですが、料理の四面体モデルという考え方を軸に・・・別の本で度々引用を見かけた「干物 は太陽で焼くロースト料理」「ステーキはサラダである」などの仰天発想が飛び出す本。とにかく一つの料理を細分化していくので、最初はかなり屁理屈っぽいなぁ・・・と思いつつ読むのですが、最後になって料理を、素材を「空気」「水」「油」という3要素を「火」によって変化させる、四面体モデルに落とし込み、その一点が動くと料理の差異が生まれる、という結論にもってこられると、長い前置きに納得してしまいます。料理人の方からはいまだに賛否両論な本らしいですが、料理好きな方であれば読んで楽しい本と思います。
posted by seedio81 16:48comments(0)trackbacks(0)pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://blog.seedo81.com/trackback/1230612