モノ思フ種

www.seedo81.comのblogサイト


<< 映画生活:チョコレートドーナツ | main | あけましておめでとうございます >>



活字中毒



ブックセレクション。

【モノを売るバカ/川上徹也】

ストーリーに共感してもらって売る、というストーリーマーケティングの話。読みやすい本ですが、彼が仕掛けたというよりも集めてきた話が多いので、どこかで読んだ??みたいな既視感を感じることも度々。基本理論としては間違ってません。でも、新書だから、ということを差し引いてもちょっと浅い内容ですし・・・こういう彼の主張が一歩間違うと、佐村河内氏の話のようなストーリーありきの商戦になっちゃう気がしました。

【アイデアが枯れない頭のつくり方/高橋晋平】

無限プチプチなどのおもちゃを開発した盒胸瓩砲茲襦▲▲ぅ妊△寮犬瀛の本。アイデアはA×Bである、とにかくアイデアは数を出さないと秀作には至らない、という・・・アイデアのつくり方系の本では当然のように書いてある話を、何度も何度も説明されるので・・・この手の本を読んだことがない人には面白いでしょうが、知ってる人にはあまり目新しい発見がない本かもしれません。
posted by seedio81 15:34comments(0)trackbacks(0)pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://blog.seedo81.com/trackback/1230638