モノ思フ種

www.seedo81.comのblogサイト


<< あけましておめでとうございます | main | 映画生活:光にふれる >>



活字中毒:ラーメンズ×ジブリ



ブックセレクション。

【僕がコントや演劇のために考えていること/小林賢太郎】

ラーメンズの小林氏の最新著書。これまで、どっちかというとラーメンズスタンスのお笑いっぽい本とか戯曲集みたいなとこだったけど、今回は彼が「クリエイティブ」のために考えていることや、心がけていることが綴られている感じの本でした。内容的には、ラーメンズファンか、彼らの舞台を見たことがある人、もしくはアイデアを具現化する仕事をしてる人には、ツボです。心に残るフレーズや、仕事に行き詰まった時などに、ふっとページをめくりたくなる言葉が満載です。が・・・彼を知らない人からすれば、自意識過剰て付いていけない内容かもしれません(苦笑)

【ジブリの世界を創る/種田陽平】

種田氏の話を先日のプロフェッショナルでみて、大好きなスワロウテイルが彼の原点であったことを知り、興味をもち購読。たぶん、書いたっていうよりも喋った原稿をまとめていったようなスタイルかもしれませんが、ものづくりという仕事の大変さと奥深さ、何より作り込エネルギーや葛藤が最後に成果となるまでの魅力などが語られています。わりと話的にはジブリ最新作の話が主な上に、ネタバレもあるので映画をもしまだ見てなくて楽しみにされてる方は・・・鑑賞後の方がいいかもしれません。
posted by seedio81 11:27comments(0)trackbacks(0)pookmark


この記事に対するコメント











この記事のトラックバックURL
http://blog.seedo81.com/trackback/1230651